ハードディスクを消去ツール wipe-out

今回はハードディスクの中身を消去するツールの御紹介です。

コンピュータを廃棄する時やハードディスクを取り替えて破棄する時
コンピュータを他人に譲る時なんかにハードディスクの中身を消去する
ツールです。

『wipe-out』
http://www.wheel.gr.jp/~dai/software/wipe-out/

必要なのCD-ROM、もしくはFDDです。
今のコンピュータの構成から考えるとCD-ROMでしょうね。

1.wipe-outのイメージファイルをCD-ROMに書き込む
2.安全の為に必要なハードディスクは電源コネクタとか外しておく
3.wipe-outを書いたCD-ROMを入れて起動させる。
4.ハードディスクを消去

ベースになっているOSはFreeBSDです。

詳細は
http://www.wheel.gr.jp/~dai/software/wipe-out/
に判りやすく書いているので参照して下さい。

今回は不必要になったHDDをオークションに売りに出そうと思って
消去ツールを初めて使ってみました。

パソコンサポート、パソコントラブルのことなら
札幌・北海道地域密着SK-Projectへ


メンタルヘルス ブログランキング へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
プログを書く励みになります。
どうか、ポチっとしたいただければ嬉しいです。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 心と身体

コメント

No title

相変わらず良く分からないことだけど、古いPCを処分する時必要なのかな。要保存記事ですね。
ウチにも古いPCが一つ。夫がまだ使っているけど、私としては早く処分したいです。。

No title

もっと早く知ってれば、壊れたPCのデータ気にせずに捨てれたよ・・・
僕らが知らない技がいろいろあるんでしょうね。

ぽち

個人情報の漏洩になりますからね。

FreeBSDベースの消去ソフトですか、たしかに1フロッピーで出来ますからね。
Linuxでもそうですけど、標準のコマンドで円盤にのっているデータを全て消すことなんて簡単にできます。
但し一回位書き換えていても、磁場のアナログ的な強弱でデータ復旧する事も出来ますので、一度だけ実行しても厳密には危ないです。
2・3回位消し込みすれば、かなり安全ですよ。
OpenBSDというOSに至っては、ファイル削除時に削除したデータ領域に対してランダムデータを書き込んだりする様にしたりしている位ですから。
但し、バックグラウンドでランダムデータ書込みを行なうので、パフォーマンスは落ちますが、そこまでしてセキュアに徹しているOSなので我慢も出来ます。
その代わり、削除データ復旧は不可能ですけどね。

意外と忘れがちですよね

こんばんは!

パソコンの処分の時困るのが保存データ。
今は、便利なものが有るんですね。

俺がパソコンを始めた頃は、意外と忘れがちな事で
データを無くす為に、HDは壊してました。

今はリサイクルできる時代から、このようなソフトは
有効ですよね。

詳しい

パソコン、お詳しいですね。
今度、パソコンのこと質問させてもらってもいいですか?
最近、iPod Touch(PCじゃないけど)がほしくなったちゃまです。

みっちょんさんへ

そうですね。
古いPCの処分時なんかに必要かもしれません。
個人情報が残ってますから。

楓さんへ

既に捨ててしまった後だったんですね(^^;
次回はHDD消去して捨てられればいいですね。

かわじゅんさんへ

wipe-outにもランダムに書き込む機能ありました。
そっかぁ、一度じゃなくて2、3回やった方が良いんですね。
〆(^^)メモメモ

ひろさんへ

そうですね。
今は便利なツールがフリーで手に入る時代です。
ウィルス関係、ファイアウォール関係などフリーなもので
固めています。

ちゃまさんへ

一応職業柄という事もあってそれなりの知識を持っています。
持っているというかネットで調べて対応しています。
判らないことがあれば聞いてみて下さい(^^)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する