ワーカーホリック(仕事中毒)その2

おはようございます。


『ワーカーホリック(仕事中毒)その1』の続きです。

ワーカーホリックの状態を維持しながらどれだけの月日が流れ

たでしょうか?もちろんこの時は自分がワーカーホリックである

なんていう事は自覚もないし、周りからの指摘もありませんでした。

そんな中、ワーカーホリックの症状も変化し次第に仕事が辛いと

思ったり、そして年齢とともに身体が持たなくなったり、集中力も

持続出来なくなってきました。

そしてとうとううつの症状ともいうべき体調の変化がありました。

月曜日の朝に決まって胃痛だったり、貧血だったり体調悪い事が

続きました。そして内科へ受診するのですが原因不明です。

つづく
パソコンサポート、パソコントラブルのことなら
札幌・北海道地域密着SK-Projectへ


メンタルヘルス ブログランキング へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
プログを書く励みになります。
どうか、ポチっとしたいただければ嬉しいです。

テーマ : 心と身体 - ジャンル : 心と身体

コメント

わかります…

そして、どん鬱は経験しないとわからないですよね。
あの辛さ。鉛のような重さ。なぜかわからない不調、、、、。
共感です。kaionさん、本当にお辛かったのですね。

体が・・・

kaionさん、こんばんは。
とうとう体が悲鳴を上げ始めたのですね・・・
私も、最初は普通の医者に行って、眠れない、食べられない、と訴えましたが、睡眠薬を処方されるも、眠れず・・・
自分はそういう病気じゃない、って思い込んでて、精神科とか行かなかったのですよね〜〜〜。
精神科、って、結構敷居が高くて・・・
でも、普通の医者じゃ、心のことは分かりませんモンね・・・
原因不明となるのもムリないですね・・・

No title

こんにちは!
私が、最初に症状に出たのは、手の痺れ、腹痛、肩こり、本が読めない、そして、パニック発作でした。
やはり、最初に内科に行きましたが、いたって健康な結果でしたね。

SarayoSaijyouさんへ

おはようございます。

コメントありがとうございます!!

共感して頂きありがとうございます。
何故だろうって不調の感じでした。

マリンさんへ

おはようございます。

コメントありがとうございます!!

そうそう睡眠も中途覚醒や早朝覚醒の嵐でした。
精神的なものは内科ではさっぱりわからずですよね。

Akiraさんへ

おはようございます。

コメントありがとうございます!!

パニック発作は困りますね。
僕の場合は発作はありませんでした。
やっぱり内科に行ったんですね。
至って健康体になりますよね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する